blog index

森 宏の日常

日々のあれこれを
気が向いた時に綴っていくだけの
ページ。気まぐれ日記みたいなものです。
<< ヨロン島の旅(その5) | main | 沖縄&ヨロン島の旅(その7) >>
ヨロン島の旅(その6)

9/5(火)

今日の朝食

賑やかで嬉しい^^

しかも新着で女子も1名!

今日は朝9:30にシュノーケルツアーの車が迎えに来るので

コンビニで飲料や昼食を買いに行く。

学生たちはまだ全員寝ている!

その時 港から魚を運ぶおばあが^^

話かけると、氷の中にはサワラとミーバイと。。。ポカリスエット!楽しい

ちなみに今日泊まる宿はここ「南海荘」。

本当は「汐見荘」に連泊したい気分だったが、事前予約の段階で満員だったのでたらーっ

でも、こちらもなんか良さそう

道端の花もいちいち可愛い

宿へ戻ると、ようやく学生たちは起きていた(女将が起こした)たらーっ

朝食も取らずみんな大丈夫か??

 

女将さんの車でグラスボート案内所まで送って頂く

(車3台に分乗して)

今日の予定を聞き、装備もレンタル。値段も格安でした^^(ヨロン地元の業者が安心です)

今日は「竜宮城」と呼ばれるサンゴの密生したポイントと、

魚に餌付けできるポイントの2箇所でシュノーケル後、

時間に合わせて「百合が浜」に上陸するのだ嬉しい

「百合が浜」とはヨロン1番の観光スポットで、月に2回しか姿を見せない「海の中の砂地」です。

しかも今日は満月の大潮で、100%その姿を出すらしい!!(なんて運が良いのだろう自分!!ラブ

 

いざ出発

イエーイ。誰もスマホ持っていない。俺1人写真撮ってる(防水カバー装着済み)

グラスボートに乗り込む

気持ちよか〜

 

サンゴは白化現象がここでも進んでるみたい

でも海亀が1匹、下を泳いで行ったよラッキー

他にも沢山の船出

「竜宮城」ポイントに到着

なんだこの青リンゴゼリー色!!ときめき

上からもサンゴがくっきり

このポイントなかなかサンゴも密生していて面白かった!

今回は熱帯魚の稚魚(ベイビー)たちの群れにキュンときたラブ

メダカよりもっと小さく半透明で、一生懸命に群れになって泳ぐ姿が可愛い!

シュノーケル出来て、海に入れて、やっと与論島に受け入れられたって気分になったよウィンク

 

 

いよいよ「百合が浜」へ向かいます

ついに上陸!

いえ〜い

うえ〜い!

空もだんだん晴れて来た!

ゴープロを持つ人々。皆インスタに早速アップするんだろうな^^

 

竹富島のコンドイビーチを思い出すね!

朝食抜きの学生たちも、しばし気持ち良さそう

最高かも。。。今俺は岸から2キロの海の中に寝てる!

 

周りではマリンスポーツ楽しむ女子らも

堪能できて大満足!

島へ戻る時間(俺は用意してたランチを頬張る)

SUPを楽しむ人々も

晴れるとすごい色だ。。。

エメラルドグリーン。。。宮古島に通じる?

すっかり背中真っ赤なケイティくん(痛そう)

案内所に戻ってきた(あ〜天気にも恵まれ良かった!)

ありがとうございました!

宿へ帰る。もう学生たちは全員腹ペコで死にそうになっていたたらーっ

現在、午後2時半!(朝昼抜きだったからね)

宿に着くと、この子たちも「百合が浜」帰りで堪能したらしい^^(別の業者で)

シャワー浴び終わったところで、外は突然の大雨!!

バケツをひっくり返したような!!

(つくづくなんて運が良いのだろうラブ

コンビニでやっとご飯にありつけた学生たちは

昼寝したり湯上りだったり^^

ああ、このままここに居たいけど、宿を移動しなきゃ汗

ヘルパーさんが送って下さることに(徒歩3分だけどねウィンク

そうそうこの子とも全然話せなかったな〜泣き顔汗

今夜も楽しそうだな〜汐見荘。。。

 

「南海荘」に到着(汐見荘から徒歩3分だけどモグモグ

お、広い!別館まであって広い!

これが今夜の部屋(ヨロン島ラストの)

いい感じで良かった

TVつけると天気予報。ヨロン島は鹿児島からも沖縄からもハブられていて、「ヨロン島の天気予報」

ってないらしいよ!だから昔から、沖縄北部の天気を見て、住人は予測をするんだって!

インスタにアップしてたりYouTuber見てたりしたら。。。気づくと寝ていた。

いかん、夕飯に遅れた!汗慌てて下の食堂行くと。。。。ああ、またしても自分ひとりの夕食モゴモゴモゴモゴ汗

(アジでかっ!)

天井にも大きな魚(魚拓)が

この上なく寂しい夕食だったが(他の客は食べ終わってて姿も見てない汗)ごちそうさまでした

すると学生の1人からLINEが。

『「やぐら」っていう居酒屋で役所の皆さんと飲んでます。ぜひ参加してください。場所わかりますか?

わからなければ迎えに行きます。』というありがたいLINEが!(今夜誘ってと伝えておいたのだ)ラブぴかぴかぴかぴかぴかぴか

すぐに出かける!

中に入ると大賑わいラッキー

実は学生たちは農学部の有志で、与論島の役場の人たちにお世話になってて、懇親会って名の

「大酒飲み会」をしていたのだラッキー

 

早速参加!途中参加でも楽しいラブ

「与論献奉(ヨロンけんぽう)』というのがあって、

島人が昔から「もてなし」他で行う酒飲みスタイルがあるらしい。

「親」が「有泉(ヨロンの黒糖焼酎)」を指名した人の盃に注ぎ、指名された人は

それを飲み干し、また次に回しっていうのが延々続く、宮古島の「おとーり」みたいなスタイルわーい汗

(カエデちゃんが親だった)

すでに一升瓶が2本空になり、3本目突入してたよ!

でも、強制はないしストップもできます。その場合は親が飲むらしいわーい

役場の人に聞いたヨロン島の話も面白かった

みんなもうへべれけ猫2猫2 お会計は1人千円でしたウィンクびっくり

この後、数人でさらに2次会のバーへ行き。。。。

3AM頃まで付き合った。途中抜け出し帰ってきた(宿へ)。

学生さんたち、おかげで楽しかったよ〜ぴかぴかぴかぴかぴかぴかありがとう!!

運が良かったな俺ラブ

 

さて、明日は昼過ぎに、いよいよ与論島を発つのだ。。。

 

続く。

 

 

 

 

 

 

| 森 宏(モリヒロシ) | 沖縄&ヨロン島の旅 | 23:48 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ