blog index

森 宏の日常

日々のあれこれを
気が向いた時に綴っていくだけの
ページ。気まぐれ日記みたいなものです。
沖縄&ヨロン島の旅(その4)

9/3(日)

前夜は予約の段階で満員だったので

『民宿月桃』ではなく、その近くの『民宿コバルト荘』に宿泊楽しい

 

この宿、なんと那覇で1番最初に民宿を始めた宿なのだ!(沖縄海洋博の前から)。

古いけど、掃除や気遣いが行き届いた快適な宿でした嬉しいラブ

2DKに1人で宿泊で3500円!

今日も沖縄のパンの朝食とってモグモグ。。。。

お母さん(元・学校の先生で、宿を始めたオーナー)と朝のコーヒータイム楽しい

今日は13時の飛行機で与論島に飛ぶのだ。

LCCなので早めに那覇空港へ

チェックイン済ませ

A&W(通称エンダー)でランチ楽しいルートビアはお代わり自由。

足りなかったので「空港食堂」でカレーも食べた(優しい味)

那覇から35分のフライトで与論島だ!

上空から沖縄の島々がこの地図通りの形で観れて、とても楽しいフライトだった楽しい

そして30分後、与論島が眼下に嬉しい

何この色!!(滑走路わきの海)ヤバイ楽しい

到着〜〜〜!!

今日から2泊は『汐見(しおみ)荘』にお世話になるのだ。

わ〜 いい感じ!

 

お!ベッドの部屋だ(楽でした楽しい

宿の女将さんから「与論島」の見どころについて説明受けてると。。。

「先生!?先生だ〜〜!!」と女子大生たちが

部屋を覗く楽しい

一緒に説明受けていた男性は明大の農学部の教授で、

生徒たちを訪ねて今夜1泊だけに来たそうだ。

明大生が9名、前日から泊まってるらしい。

こりゃ楽しくなりそうだラッキー!!^^

格安で原付をレンタルし。。。

島をとりあえず1周してみることに楽しい

海沿いの道を行く(やたらと赤とんぼが飛んでいた道)

 

女将に書き込みして頂いたマップ片手に

途中気になるビーチに寄ったりしながら。。。。ひたすら走る。

サラッサラッの白砂!

与論島にはビーチはたくさんあるけど、

人がいないビーチで泳ぐのは

危険なので止めましょう(事実)!!

お『シーサイドガーデン』だって。ここも女将のお勧め。行ってみよう!

原付が壊れちゃった女子が入口で業者さん待っていた。

おー「南国の英国庭園」って感じで気持ち良い!(実際オーナーは英国人の旦那さんと日本人奥さんだった)

あ、あの席いいな〜

「僕もそこ座っていいですか?楽しい」と声かけると「どうぞどうぞ!」と2人。

お礼に写真撮ってあげる(俺も撮らせて頂く男

沖永良部島(同じく鹿児島)から船で来た2人。

にしても、色だな。宮古島っぽい色かな。

2人と入れ替わりに、さっきの原付女子2人が「その席、座ってみてもいいですか?!」と。

「もちろん!どうぞどうぞ楽しい

と。で、写真撮ってあげる(俺も撮らせて頂く男

旅先だと気軽に声かけられるのが嬉しいよね!!

夕食前には宿へ戻らねば(シャワーも浴びたい)

あちこち止まって写真撮りながら、茶花(ちゃばな)集落へ急ぐ

宿へ無事戻り、風呂を頂く。

アッッチ!!熱湯じゃんか!怒りふくらはぎの日焼けが沁みて入れない!!

水で埋めまくってると、時間かかってしまった。

遅くなって食堂行くと。。。。なんと自分1人だった!!

学生たちは素泊まりで、今夜は先生と居酒屋に飲みに行ったらしい。

他の客(工事の男性たち)もとっくに食べ終わり、俺1人。。。。さ、さみちい悲しい汗汗

黒いのは与論産もずくソーメンだそう。

(女将も今日から旧盆なので挨拶回りにつき不在で、今夜は料理説明も無しわーい汗

食べ終わる頃に、「TVも点けてないんですか?」とヘルパーさんがやってきて少し付き合って下さった。

ありがたい悲しい

カルピス買いに表へ出ると。。。

はす向かいの居酒屋からは賑やかな声が。。。いいな〜ショック楽しそう悲しい

(学生たちかも!?←翌日判明。やはりそうでした)

この時は入れませんでした。

疲れてたので、今宵は早めに眠る。おやすみなさい

 

続く。

 

 

| 森 宏(モリヒロシ) | 沖縄&ヨロン島の旅 | 22:26 | comments(0) | - | - | - |
沖縄&ヨロン島の旅(その3)

9/2(土)

翌朝は昨日以上に晴れ!おてんき暑くなりそうだ^^

天井の写真^^(いいよね民宿チックで)

俺の部屋(いつもこんな感じ)

朝飯

自転車で小さな集落をくまなく走ってみる

ケラマ鹿がノラ猫みたいにあちこちにいます楽しい

海亀🐢ポイントで、今回はすっごくでかい海亀🐢と遭遇。

1人で50分も泳ぎながら観察しちゃった。めっちゃかわいいときめき@阿嘉ビーチ

ニシ浜も もう一度しっかりと堪能し

集落へ戻り、昼はこんなパーラーで。。。

カレーライス(優しい味。給食みたいな楽しい

港の海でさえこの透明度。上から魚も見えるよ。

午後はもう1度、ゲルマ島まで行ってみる。

阿嘉島。。。堪能しました。欧米人観光客も多くなってました^^

17時の高速船で那覇へ帰る。

 

夜は地元民ばかり来る『丸安食堂』でもやしそば。

(ここは味にムラがあり、今回は薄くてイマイチでしたしょんぼり

空港食堂の方が美味しい。

可愛すぎて思わず撮っちゃった

うちなー美少女姉妹ときめき

国際通りには外国語が飛び交い、まだまだ賑やかでした。

おやすみなさい。

明日は与論島(鹿児島県)に昼過ぎに飛びます!

 

続く

 

 

| 森 宏(モリヒロシ) | 沖縄&ヨロン島の旅 | 21:58 | comments(0) | - | - | - |
沖縄&ヨロン島の旅(その2)

9/1(金)沖縄の朝は明るい!

(ちなみに)これは「民宿・月桃」をモデルに描いた絵

若干願望&脚色入ってますが楽しい

朝食は大抵、沖縄のパン(おきパン)ラッキー

今日は高速船に乗って座間味の阿嘉(あか)島へ行くのだ!

泊まるのは初ニコニコ 「慶良間(けらま)ブルー」の海が楽しみだハート

泊港(とまりん)で沖縄特有の弁当買って乗り込む。

約70分で阿嘉島へ!

 

昼前に到着。宿は「民宿・辰登城(たつのじょう)」1泊2食6800円

部屋もいい感じ

テラスでヘルパーさんが洗濯物干す傍で。。。

弁当を食べる嬉しい

早速 自転車を借りて、隣のゲルマ島、さらに隣の外地島まで行ってみる。

慶良間(けらま)の海はとにかく美しい(ゲルマ島)

汗だくの体に海風が心地よい楽しい

ゲルマ島では、昔の島の住居が復元されている「高良家(たからけ)」へ。

こんな民宿あったら最高だね!(鳩間島の民宿思い出したよ楽しい

こんな道を走って阿嘉島へ戻る

橋からの眺め!(パノラマです一応)

そして水着に着替え、念願のニシ浜(北の浜)ビーチへ!

ひゃ〜〜〜〜!!これだこれだ!!慶良間ブルー!!

(⇩一応パノラマです)

3年ぶりの沖縄の海。シュノーケルしたり浮かんだり楽しい

海からの眺め

とりあえず堪能し、宿への道の途中に「阿嘉ビーチ」があり、

こちらでは海亀🐢が見れるらしい。

(指の先あたりのポイントが餌場らしく)

行ってみると、本当に海亀🐢が悠々と泳いでいた!びっくり楽しい

夕食前にシャワー浴び海パン干して

さあ飯だ!いただきます。今夜の客は工事の男性5名&女性2名だった。

夜は自転車で小さな集落(筋が3本しかない)を走ってみるが

暗くてよくわからない男明日だ明日!

おやすみなさい。

 

続く

 

 

 

 

| 森 宏(モリヒロシ) | 沖縄&ヨロン島の旅 | 20:49 | comments(0) | - | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ